セフレにも優しくしよう

男性はセフレの事をどのように扱っていますか?
やりたい時にセックスが出来る都合のいい女性。
まぁ、その認識は確かにあるでしょう。
しかしだからといって、ろくに会話もなしで、突然自分がやりたい時に相手の都合も考えずに呼び出してセックスをする。
すっきりしたら、もう終電も終わった時間帯なのに、そのまま帰らせるなんて思いやりのない態度をとっていませんか?

セフレであっても、相手はごく普通の一般女性です。
お金を払っている風俗嬢とは立場が違います。

ただでせックスレスを解消させてくれている相手なのですから、もっと優しく接してもバチが当たらないと思いませんか?
あなた自身はセフレとは短期間の関係でしかない、だから優しくする必要はないと思っているかもしれません。
しかしこんなふうに考えてみて下さい。
セフレを作っている男性がみんな、そんなふうに女性を扱っているとしたら、女性はセフレなんて作りたいと思うでしょうか?
それなら恋人に大事に扱われる方がいい、セフレなんてダッチワイフみたいな扱いは嫌だ。
女性がみんなそんなふうに思ってしまったら、セフレを作りたいと思う女性がいなくなってしまいます。

そうなった時にセフレを作れなくなり、困るのは男性自身です。
つまりセフレの女性がセフレを作った事に満足してもらえるように、男性が女性に優しくする必要があるのです。
それはセフレに限った話ではなく、どんな状況下でも男性は女性に優しくあるべきですよね。

下心があるからこそ、セフレには優しく、もっとセフレを作りたいと思う女性が増えてくれるよう努力するべきです。

セフレがいる生活を満喫

恋人がいる場合、恋人がいる事はよほど事情がない限り周囲に隠す事はしません。
そのため恋人がいる人は充実した毎日を送っているように見えますよね。
しかしセフレを作る事が悪い事ではないと言っても、やはりセフレがいる事は周囲に隠す人が大半です。
そのためセフレがいる生活ってどんなんなんだろう?

実際にセフレを作るまでは、想像するしかありません。
セフレは必要ない、恋人だけいれば十分という人もいれば、恋人は必要ないせックスレスを解消するにはセフレがいれば十分という人もいます。
そしてセフレの方が楽だという点では、どちら側も納得するのではないでしょうか?

恋人と一緒にいる時間は、いつも楽しいというわけにはいきません。
付き合っていてもしんどい時期もありますし、お互い好き合っていても傷つけてしまう事もあります。
嫉妬や孤独などマイナスの感情になる時もあるでしょう。

対してセフレですが、セフレに対して大きく感情が動くという事はありません。
セフレがいれば、面倒な事はなく、せックスレスの時にセックスをする事が出来る快適な生活だと言えるでしょう。
自分が忙しい時は仕事に集中してもセフレから文句を言われる事はありません。

なぜならセフレとは1対1で付き合うと決まってはいないからです。
もちろんずっとほったらかしにしていたら、セフレ関係は自然消滅していたという事もあります。
しかしまた時間に余裕が出来たら、セフレを作ればいいだけです。
セフレ関係は、都合のいい関係で、セフレがいる事で生活を満喫する事が出来るでしょう。
恋人よりもセフレが必要、そう思う人が多いのも納得できるはずです。

セフレは複数欲しい

女性はセフレであっても、1人の相手と長く付き合いたい、疑似恋愛を楽しみたいという傾向が強いですが、男性は違います。
男性はいろんな女性とセックスをしてせックスレスを解消したいという願望の方が強いですよね。
なぜかというと、人間も動物の一種ですから、本能的な行動だと言えるのではないでしょうか?

女性は子どもを産み、子供を育てる性です。
そのため遺伝子的に生き残りそうな強い雄を求めます。
対して男性はというと、自分の種をたくさん残したいと思うわけです。
そのため複数のメスにタネ付けしたいと考えるわけです。
どちらも動物の本能としては理にかなった行動です。

もっともセフレの場合はセフレ相手に妊娠なんて事になっても責任はとれませんから避妊が原則です。
避妊をするのですから、動物の本能は関係ないと思わなくもないですが、そこは理屈ではコントロール出来ない感情なのでしょう。

もちろん必ずしも、全員にその考えが該当するというわけではありません。
男性の中にもセフレすら作らず、本命の相手1人とだけセックスをする男性もいます。
女性の中にも複数のセフレとセックスを楽しむ女性もいます。

この場合、本能はどうなっているの?そんな疑問もあるかもしれません。
しかしビジネスの世界でも上昇志向が高くキャリアウーマンの中には男性脳が活発な女性も少なくありません。
つまり複数のセフレを作る女性は男性脳が活発で、逆に1人の女性とのみセックスする男性は女性脳が活発。
そんなふうに考えると、本能説もしっくりくるのではないでしょうか?

もっとも、難しい事を考えずに、自分の欲求に正直になる事が大切な事なのかもしれませんね。

女性はセフレに気持ちよさを求めている?

女性の求めるセックスっていったいなんなんだろう?
男性が求めるセックスとは違うのかな?
答えを先にいうとしたら、実は一緒です。

ただ最初は女性として隠している部分がたくさんあるんですよ。
こんなに変態すぎたら嫌われてしまうのではないかとか、女性ってデリケートだし自分をマイナスにさせたくないんです。

だからすごく変態な女性でも、変態さを隠しつつ、発言にも気を付けています。
でも徐々に相手と親しくなると、変態さが出てきますから、それまではどんな女性かわかりません。

女性がセフレに求めるのは、せックスレスを解消してくれる気持ち良いセックスをしてくれる事です。
しょせんセフレですからね。
体だけの関係ですから、セックスが気持ち良いかどうかで相手との継続関係が決まってきます。
下手くそだったり、せックスレスを解消できなかった場合は、女性の方から簡単にサヨナラを告げられてしまいます。

意外と女性ってセックス中の、罵声とか好きな方が多いです。
「お前感じてんだろ?」
「ここがグチョグチョだぜ」とかいやらしい言葉を男性から言われると、それだけで感じてしまう人もいます。

セックス中は、男性が攻めると思うので、言葉攻めもしっかり入れておきましょう。
「ここが気持ちよいのか?」
「もっと奥に入れてほしいか?」など聞く事もアリですね。

あと、女性のマンコを攻める時に指を1本ではなく2本入れるのも良い手です。
1本最初は入れますよね?

でも慣れてきてグチョグチョになったら2本入れて動かしてやりましょう。
ピチャピチャ音が鳴り始めたら、挿入する合図です。
そして挿入後は指でクリトリスをいじりながら、腰を動かしてみましょう。

30代や40代でもセフレは欲しい

セフレを作るのは、せックスレスの20代が中心。
そんなふうに思っていませんか?
確かに20代の男性はヤリタイ盛りかもしれません。
しかし意外と20代は合コンをしたり、恋人がいたりとセックスをする機会も多いはずです。
対して30代や40代になるとセックスをする相手を日常生活の中から見つける事が難しくなります。

なぜかというと、同世代の人の多くは結婚をして落ち着いてしまうからです。
そのため合コンなども開かれなくなります。
既婚者を遊びでセックスを誘うわけにもいきませんよね。

しかし30代や40代でもまだ性欲が枯れているわけではありません。
かといって、日常生活の中で20代の若い子と知り合う機会もありません。
そのためセフレサイトでセフレを探すというわけです。

結構20代の若い子でも、年上の男性が好きという人は少なくありません。
年上の方が同世代の子と比べてお金を持っているし、また同世代にはない落ち着きがある、
それにセックス経験も豊富そうだから、セックスが上手そう。
そう考えるわけです。
またセフレサイトなら同世代の既婚者相手も見つけやすいでしょう。
結婚をした女性の方が、日常生活では既婚者なので誘われる事もなく出会いは一切ありません。
そして肝心の夫とはセックスレスで欲求不満を抱えている人妻も少なくありません。

なので30代や40代の男性は、セフレサイトなら、年下から同世代まで年齢問わずセフレを作る事が可能なのです。
もしあなたがセフレを欲しいと思っているのなら、効率重視でセフレサイトを利用する事をお勧めします。
きっとセフレを作る事が出来るでしょう。

Copyright© 2010 せックスレスを解消する方法について All Rights Reserved.